ホームビジットに当校学生が参加しました。

2017年10月15日(日曜日)
板橋区役所内にあります(公財)板橋区文化・国際交流財団 国際交流係主催の
ホームビジットに当校学生が参加しました。

ホームビジット
ホームビジットとは、日本の日常生活を体験することで日本文化への理解を深めたい外国人と、受け入れを希望する日本人家庭を結びつける区民レベルの国際交流のことです。

参加した学生が書いた感想文を紹介します。

 馬嘉楠さん(中国出身)

  今回の活動(ホームビジット)はとても楽しかったです。鈴木さんの家族はとても親切でした。私たちは一緒に日本伝統芸能を鑑賞したり、一緒にスーパーへ行き買い物したり、好きなお寿司も一緒に作って食べたりしました。
 今回の活動で私は日本伝統文化と日本家庭の日常を体験できました。日本の生活を更に深く理解することができました。日本語も上手になりました。得たものがとても多かったです。本当にありがとうございました。

 ジュウリエ イヒサンさん(シリア出身)

 ホームビジットはとても面白かった。日本人の生活がどんな生活なのかを知り、色々なゲームをしたりしました。ゲームを終えて夜ごはんを食べました。おでんでした。実は初めておでんを食べました。おいしかったです。小川さんの家に行ってよかったです。

 焦宇陽さん(中国出身)

 ホームビジットについて、僕は留学生として日本人の家に初めて訪問しました。日本の伝統芸能ステージを鑑賞したり、おいしい料理を食べたり、抹茶の作る過程を見て抹茶を飲んだりしました。僕の日本語が上手ではなく、それにしても、主人はいつも応援してくれました。例えば、お話しできない時に漢字を紙に書いてコミュニケーションを続けてくれました。
 最後にこのホームビジットの活動について、僕は本当にありがたいと思います。日本人と会話をうまくできるために日本語の勉強を一生懸命頑張っています!