落語会が行われました

3月8日(木曜日)

見次公園内の和室集会所で、
毎年恒例 春風亭伝枝師匠による「落語会」が行われました。

blog1

落語とは?

落語の醍醐味(だいこみ)などを解説していただいたのち、ダジャレから小話、
続いて、演目「つる」と「粗忽長屋(そこつながや)」
を披露していただきました。

最後に、南京玉すだれ
「あ、さて、あ、さて、あ、さてさてさてさて、
さては南京玉すだれ~」
帆掛け船や鳥居、釣り竿に変化する玉すだれを楽しみました。

約1時間の公演終了後には、師匠と記念撮影も。

日本語が上手か上手でないか、、、、笑うタイミングで分かりますね。
落語が分からなかったら、「もう少し日本語を勉強しましょう」
ってことで、来年も楽しみにしています。