ホームビジットに当校学生が参加しました。

2017年10月15日(日曜日)
板橋区役所内にあります(公財)板橋区文化・国際交流財団 国際交流係主催の
ホームビジットに当校学生が参加しました。

ホームビジット
ホームビジットとは、日本の日常生活を体験することで日本文化への理解を深めたい外国人と、受け入れを希望する日本人家庭を結びつける区民レベルの国際交流のことです。

参加した学生が書いた感想文を紹介します。

 馬嘉楠さん(中国出身)

  今回の活動(ホームビジット)はとても楽しかったです。鈴木さんの家族はとても親切でした。私たちは一緒に日本伝統芸能を鑑賞したり、一緒にスーパーへ行き買い物したり、好きなお寿司も一緒に作って食べたりしました。
 今回の活動で私は日本伝統文化と日本家庭の日常を体験できました。日本の生活を更に深く理解することができました。日本語も上手になりました。得たものがとても多かったです。本当にありがとうございました。

 ジュウリエ イヒサンさん(シリア出身)

 ホームビジットはとても面白かった。日本人の生活がどんな生活なのかを知り、色々なゲームをしたりしました。ゲームを終えて夜ごはんを食べました。おでんでした。実は初めておでんを食べました。おいしかったです。小川さんの家に行ってよかったです。

 焦宇陽さん(中国出身)

 ホームビジットについて、僕は留学生として日本人の家に初めて訪問しました。日本の伝統芸能ステージを鑑賞したり、おいしい料理を食べたり、抹茶の作る過程を見て抹茶を飲んだりしました。僕の日本語が上手ではなく、それにしても、主人はいつも応援してくれました。例えば、お話しできない時に漢字を紙に書いてコミュニケーションを続けてくれました。
 最後にこのホームビジットの活動について、僕は本当にありがたいと思います。日本人と会話をうまくできるために日本語の勉強を一生懸命頑張っています!

創立30周年記念同窓会が行われました。

2017年10月28日土曜日池袋サンシャインビル58Fクルーズクルーズで国書日本語学校創立30周年記念同窓会が行われました。

blog

「当校校長小林からみなさんへ感謝のことば」

2017年10月28日は特別な1日でした。
国書日本語学校創立30周年記念同窓会に参席頂きました先生方、そして卒業生の皆さん、ありがとうございました。またお花やお便りをくださいました方々にも心から御礼申し上げます。
思い返せば城北日本語学校からIJ日本語学校、そして現在の国書日本語学校へと歩んできた道は決して平坦な道ではありませんでしたが、一緒に歩んできたくださった先生方、スタッフの皆さん、そして卒業生の皆さんの支えがあってこそ迎えられた30周年です。現校長として、心より感謝いたします。
 国書日本語学校は、より良き学校を目指し努力を続けて行く所存です。どうか変わらずご支援賜れますようお願いいたします。
                                                                     2017年11月吉日 国書日本語学校 校長 小林妙子

blog1

blog4

blog2

日本語会話室で手打ちそば体験をしました

9月21日の日本語会話室で手打ちそば体験をしました。

blog

blog1
毎回お世話になっているボランティアの方たちはそば打ちの修行をされていて、その日本文化を披露していただきました。そば粉をこねる、伸ばす、切るなどを間近に見るのは初めてでプロのような見事な手さばきにびっくりしました。

blog2

blog3

blog4
切ったそばを茹でてから皆でおいしく食べました。

上野動物園へ課外授業に行きました。

2017年9月8日に小豆沢Nクラス学生が上野動物園へ課外授業に行きました。

写真はその時のものです。

blog

Nクラスは、とてもにぎやかで、学生はとても思いやりがあります。
当日は一部の学生がクラスメイトのためにビリヤニ(お米に肉、魚、卵や野菜を混ぜて炊いたインド料理)を作って持って来てくれました。
日本の動物園に行くのは初めての学生ばかりで、動物を見るたびに興奮していました。
とても楽しい一日になりました。

課外授業、浅草を見学しました。

2017年9月8日

小豆沢校舎Mクラスは、浅草を見学しました。

blog

Mクラスはインド、モンゴル、スリランカの留学生のクラスです。
みんな浅草に行くのは、初めての学生で少し緊張していました。
当日は、浅草寺に行って、日本の風習について勉強しました。

blog1

また、雷門から浅草寺まで続く通り(仲見世通り)のお店に置いてある
お土産品や食べ物に興味を持ち、ずっと眺めている学生がいたり、
積極的に店員さんと交流する学生がいたり、思い思いの時間を過ごしました。
とても刺激的で楽しい一日になりました。