課外授業が行われました。

Dクラス課外授業「日本の家庭料理教室」

日時:2018年3月5日(月)
場所:まなぽーと大原 調理室(板橋区大原町5番18号)
講師:王(わん) 眉(めい)眉(めい)先生(台湾:日本在住20年以上)
アシスタントスタッフ:国際交流サークル「スマイルサークル」メンバー8名
(日本人)
協力:板橋区文化・国際交流財団

blog2

内容:日本の家庭料理を講師指導のもと4つの班に分かれて作りました。各班にはアシスタントスタッフが2名付き、一緒に料理を作り一緒に食べました。講師の具体的で分かりやすい説明とアシスタントスタッフの補助もあり、全ての班で5つの料理がきちんと完成し、おいしくいただけました。
学生達の間では肉じゃがが一番好評でした。

blog3

料理:炊き込みご飯、肉じゃが、アサリのお吸い物、だし巻き卵、浅漬け

落語会が行われました

3月8日(木曜日)

見次公園内の和室集会所で、
毎年恒例 春風亭伝枝師匠による「落語会」が行われました。

blog1

落語とは?

落語の醍醐味(だいこみ)などを解説していただいたのち、ダジャレから小話、
続いて、演目「つる」と「粗忽長屋(そこつながや)」
を披露していただきました。

最後に、南京玉すだれ
「あ、さて、あ、さて、あ、さてさてさてさて、
さては南京玉すだれ~」
帆掛け船や鳥居、釣り竿に変化する玉すだれを楽しみました。

約1時間の公演終了後には、師匠と記念撮影も。

日本語が上手か上手でないか、、、、笑うタイミングで分かりますね。
落語が分からなかったら、「もう少し日本語を勉強しましょう」
ってことで、来年も楽しみにしています。

課外授業に行ってきました。

3月5日(月)課外授業に行ってきました。

8時40分、志村坂上駅改札に集合。遅刻なく、予定どおり出発できました。

10時30分、今日の目的地「横浜カップヌードルミュージアム」に着きました。

blog

11時00分、予約していた体験「チキンラーメン ファクトリー」が始まりました。小麦粉をこね、伸ばし、味をつけ、「瞬間油熱乾燥法」で乾燥させるまでの90分の工程でした。自分の手で、自分のためのチキンラーメンを作りました。

12時40分、館内のフードコートで、昼食をとりました。ここでは7か国のラーメンが食べられます。中国の蘭州牛肉面、ベトナムのフォー、韓国の冷麺、タイのトムヤムクンヌードル、インドネシアのミーゴレンなどなど。

この日、横浜は台風のような激しい雨と強い風が吹いていましたが、私達は楽しむことが出来ました。  最後の思い出づくりができました。

卒業式が2週間後に迫っているかと思うと、やはり寂しいです。

世界の仲間とゆく年くる年 学生の感想

学生から留学生イベントに行った時の感想が届きましたので紹介します。
 参加したイベントは、独立行政法人国立青少年教育振興機構主催の「世界の仲間とゆく年くる年」です。毎年行われている年末年始のイベントです。みなさんも機会がありましたら、ぜひ参加して日本のお正月を感じて下さい。オススメです。

blog

Jクラス 焦宇陽さん(中国)
この冬休みに「世界の仲間とゆく年くる年」というイベントに参加しました。イベントではグループのみんなと沢山日本文化体験をすることができました。例えば、浴衣を着たり、太鼓をたたいたり、扇子を作ったり、正月に明治神宮を散歩したり、色々しました。全て初めてのことで、楽しかったです!
このイベントから、世界中の友達を作ることができただけなく、グループワークでコミュニケーションをとりながら楽しく過ごせました。他に、日本文化への理解を深めることができました。本当に有難いと思うイベントでした。

blog1

Hクラス 龐淇元さん(中国)
去年12月国立青少年教育館で、世界の仲間とゆく年くる年というプログラムに参加しました。日本の伝統文化を体驗しました。いろいろな国の人と会いました。本当に面白いイベントでした。今年ももう一度行きたいです。

ホームビジットに当校学生が参加しました。

2017年10月15日(日曜日)
板橋区役所内にあります(公財)板橋区文化・国際交流財団 国際交流係主催の
ホームビジットに当校学生が参加しました。

ホームビジット
ホームビジットとは、日本の日常生活を体験することで日本文化への理解を深めたい外国人と、受け入れを希望する日本人家庭を結びつける区民レベルの国際交流のことです。

参加した学生が書いた感想文を紹介します。

 馬嘉楠さん(中国出身)

  今回の活動(ホームビジット)はとても楽しかったです。鈴木さんの家族はとても親切でした。私たちは一緒に日本伝統芸能を鑑賞したり、一緒にスーパーへ行き買い物したり、好きなお寿司も一緒に作って食べたりしました。
 今回の活動で私は日本伝統文化と日本家庭の日常を体験できました。日本の生活を更に深く理解することができました。日本語も上手になりました。得たものがとても多かったです。本当にありがとうございました。

 ジュウリエ イヒサンさん(シリア出身)

 ホームビジットはとても面白かった。日本人の生活がどんな生活なのかを知り、色々なゲームをしたりしました。ゲームを終えて夜ごはんを食べました。おでんでした。実は初めておでんを食べました。おいしかったです。小川さんの家に行ってよかったです。

 焦宇陽さん(中国出身)

 ホームビジットについて、僕は留学生として日本人の家に初めて訪問しました。日本の伝統芸能ステージを鑑賞したり、おいしい料理を食べたり、抹茶の作る過程を見て抹茶を飲んだりしました。僕の日本語が上手ではなく、それにしても、主人はいつも応援してくれました。例えば、お話しできない時に漢字を紙に書いてコミュニケーションを続けてくれました。
 最後にこのホームビジットの活動について、僕は本当にありがたいと思います。日本人と会話をうまくできるために日本語の勉強を一生懸命頑張っています!