2017年度冬学期奨学金受給者発表

国書日本語学校冬学期奨学金授与式

2018年1月から3月までの出席と成績が優秀だった学生5名に国書日本語学校より奨学金が授与されました。

blog

1名は卒業生でしたので、卒業式の日に授与。4名は在校生でしたので、4月20日金曜日に授与しました。

blog1

春学期がすでに始まっています。
健康でないと勉強も生活もうまくいきません。
これからも、目標に向かって初心を忘れないで、
みなさん日本語の勉強を頑張ってくださいね。

2017年度国書日本語学校卒業式が行われました

2018年3月21日(水曜日)
高島平区民会館 3Fホールにて、2017年度国書日本語学校卒業式が行われました。

blog
国書日本語学校で日本語を勉強して良かった、学生からこのメッセージ、とてもうれしくなりました。
日本語の学習を終え、これから大学や専門学校、各企業や病院に旅立つ学生たち。
今までの学校生活は学生が外国人であると周囲が分かって接していましたから、多少の間違いは大目にみてくれたかもしれません。
そういう意味では、日本語学校を卒業した、「これから」がリアルな日本の生活なのです。

blog1
入学から卒業まで無遅刻・無欠席だった学生は27名でした。
学生たちのこれからの活躍に期待を込めて
「がんばれ!国書日本語学校の卒業生たち!」

課外授業が行われました。

Dクラス課外授業「日本の家庭料理教室」

日時:2018年3月5日(月)
場所:まなぽーと大原 調理室(板橋区大原町5番18号)
講師:王(わん) 眉(めい)眉(めい)先生(台湾:日本在住20年以上)
アシスタントスタッフ:国際交流サークル「スマイルサークル」メンバー8名
(日本人)
協力:板橋区文化・国際交流財団

blog2

内容:日本の家庭料理を講師指導のもと4つの班に分かれて作りました。各班にはアシスタントスタッフが2名付き、一緒に料理を作り一緒に食べました。講師の具体的で分かりやすい説明とアシスタントスタッフの補助もあり、全ての班で5つの料理がきちんと完成し、おいしくいただけました。
学生達の間では肉じゃがが一番好評でした。

blog3

料理:炊き込みご飯、肉じゃが、アサリのお吸い物、だし巻き卵、浅漬け

落語会が行われました

3月8日(木曜日)

見次公園内の和室集会所で、
毎年恒例 春風亭伝枝師匠による「落語会」が行われました。

blog1

落語とは?

落語の醍醐味(だいこみ)などを解説していただいたのち、ダジャレから小話、
続いて、演目「つる」と「粗忽長屋(そこつながや)」
を披露していただきました。

最後に、南京玉すだれ
「あ、さて、あ、さて、あ、さてさてさてさて、
さては南京玉すだれ~」
帆掛け船や鳥居、釣り竿に変化する玉すだれを楽しみました。

約1時間の公演終了後には、師匠と記念撮影も。

日本語が上手か上手でないか、、、、笑うタイミングで分かりますね。
落語が分からなかったら、「もう少し日本語を勉強しましょう」
ってことで、来年も楽しみにしています。

課外授業に行ってきました。

3月5日(月)課外授業に行ってきました。

8時40分、志村坂上駅改札に集合。遅刻なく、予定どおり出発できました。

10時30分、今日の目的地「横浜カップヌードルミュージアム」に着きました。

blog

11時00分、予約していた体験「チキンラーメン ファクトリー」が始まりました。小麦粉をこね、伸ばし、味をつけ、「瞬間油熱乾燥法」で乾燥させるまでの90分の工程でした。自分の手で、自分のためのチキンラーメンを作りました。

12時40分、館内のフードコートで、昼食をとりました。ここでは7か国のラーメンが食べられます。中国の蘭州牛肉面、ベトナムのフォー、韓国の冷麺、タイのトムヤムクンヌードル、インドネシアのミーゴレンなどなど。

この日、横浜は台風のような激しい雨と強い風が吹いていましたが、私達は楽しむことが出来ました。  最後の思い出づくりができました。

卒業式が2週間後に迫っているかと思うと、やはり寂しいです。