2018年度卒業式が行われました。

2019年3月21日(木曜日)
高島平区民会館 3Fホールにて、2018年度国書日本語学校卒業式が行われました。

01

国書日本語学校で日本語を勉強して良かった、学生からこのメッセージ、とてもうれしくなりました。
日本語の学習を終え、これから大学や専門学校、各企業や病院に旅立つ学生たち。
今までの学校生活は学生が外国人であると周囲が分かって接していましたから、多少の間違いは大目にみてくれたかもしれません。
そういう意味では、日本語学校を卒業した、「これから」がリアルな日本の生活なのです。

02

入学から卒業まで無遅刻・無欠席だった学生は20名以上でした。
また今年初めて卒業パーティーもう合同で行いましたので志村校舎と小豆沢校舎の学生たちは喜びました。

学生たちのこれからの活躍に期待を込めて
「がんばれ!国書日本語学校の卒業生たち!」

第七回国書日本語学校同窓会を開催いたしました

2018年10月27日 第七回国書日本語学校同窓会を開催いたしました。
お忙しい中参加して頂いた方々、本当にありがとうございました。

blog

今回55名の方が参加者してくれました。
当日会場では、卒業生は、当時同じクラスだった仲間や、教職員を見つけると、すぐに笑顔で近寄り、当時の思い出話に花を咲かせていました。とても楽しそうに話す光景がとても印象的でした。
同窓会は、大村事務局長の「乾杯」の音頭で始まりました。会場では、軽食(お寿司屋、ピザ、お菓子など)と、飲み物の用意がありましたが、みな食べる暇もないくらい夢中にお話しをしていました。

blog1

卒業生の皆さんは、大学院・大学・専門学校で専門知識を身に着けるために勉強している人もいれば、日本で結婚し、当日お子さんと一緒に参加してくれた人もいました。既に日本の企業で活躍している人もおり、十人十色の人生を謳歌している人ばかりでした。教職員もみな一同、卒業生の皆様の頑張りに感心していました。

blog2

同窓会は今後も毎年開催いたします。今回お仕事や受験で都合が悪く、参加できなかった卒業生の方、次回の参加をお待ちしております。
国書日本語学校の輪を卒業生の皆さんが中心となり、更に大きく育てて頂きます様宜しくお願いいたします。

最後に小林校長から卒業生の皆さんに感謝の言葉を贈り、参加者全員で記念撮影を行いました。
今回たくさんの方々にご参加頂き、有意義な「国書日本語学校同窓会」を開催することができました。これも卒業生の皆さんのご支援とご愛顧によるものと、心から感謝いたしております。本当にありがとうございました。また来年、同窓会でお待ちしております。

                                         国書日本語学校同窓会委員より

国書日本語学校同窓会のお知らせ

国書日本語学校同窓会委員からのお知らせです。

国書日本語学校では毎年、同窓会を開催しています。
久しぶりに国書のみんなで集まって、楽しい時間を過ごしませんか。
国書日本語学校の先生方も参加します。

同窓会のご案内
・日時 2018年10月27日 土曜日 
受付け午後1時30分から 同窓会 午後2時から3時半までの予定
・場所 グリーンホール 6F(601)
   (都営三田線板橋区役所駅から徒歩約5分、東武東上線大山駅から徒歩約5分)
    http://www.itabun.com/access/
・参加費用 一人 1,500円
     飲み物や軽食あります。恒例の校長先生がおススメのカレーもあります!

参加希望者は、参加申込用のGoogleフォームに必要事項を記入して送信してください。
連絡は、2018年10月25日までにお願いします。
26日以降は学校の携帯電話にて連絡ください!(携帯電話番号 090-7825-1973)

・同窓会専用フォーム
https://goo.gl/forms/koXdxbtts277wWYA2
同窓会申し込み内容
① メールアドレス
② 氏 名 (漢字またはアルファベット)
③ フリガナ
④ 卒業年
⑤ 校 舎 (小豆沢校または志村校のどちらかを選択)
⑥ 電話番号(連絡がとれるもの)
⑦ 卒業時のクラス
⑧ 本人以外の参加者名(全員)

当日は、リラックスした雰囲気で行いますので、どうぞ普段着でお越し下さい。
ご家族がいらっしゃる方は、ぜひご一緒にお気軽にお越し下さい。
 
みなさんの参加を心よりお待ちしております。

国書日本語学校同窓会委員会 
担当 志村校舎 小泉 小豆沢校舎 永岡 事務局 野口、西口
dosokai@kokusho.co.jp

2017年度国書日本語学校卒業式が行われました

2018年3月21日(水曜日)
高島平区民会館 3Fホールにて、2017年度国書日本語学校卒業式が行われました。

blog
国書日本語学校で日本語を勉強して良かった、学生からこのメッセージ、とてもうれしくなりました。
日本語の学習を終え、これから大学や専門学校、各企業や病院に旅立つ学生たち。
今までの学校生活は学生が外国人であると周囲が分かって接していましたから、多少の間違いは大目にみてくれたかもしれません。
そういう意味では、日本語学校を卒業した、「これから」がリアルな日本の生活なのです。

blog1
入学から卒業まで無遅刻・無欠席だった学生は27名でした。
学生たちのこれからの活躍に期待を込めて
「がんばれ!国書日本語学校の卒業生たち!」

創立30周年記念同窓会が行われました。

2017年10月28日土曜日池袋サンシャインビル58Fクルーズクルーズで国書日本語学校創立30周年記念同窓会が行われました。

blog

「当校校長小林からみなさんへ感謝のことば」

2017年10月28日は特別な1日でした。
国書日本語学校創立30周年記念同窓会に参席頂きました先生方、そして卒業生の皆さん、ありがとうございました。またお花やお便りをくださいました方々にも心から御礼申し上げます。
思い返せば城北日本語学校からIJ日本語学校、そして現在の国書日本語学校へと歩んできた道は決して平坦な道ではありませんでしたが、一緒に歩んできたくださった先生方、スタッフの皆さん、そして卒業生の皆さんの支えがあってこそ迎えられた30周年です。現校長として、心より感謝いたします。
 国書日本語学校は、より良き学校を目指し努力を続けて行く所存です。どうか変わらずご支援賜れますようお願いいたします。
                                                                     2017年11月吉日 国書日本語学校 校長 小林妙子

blog1

blog4

blog2