創立30周年記念同窓会が行われました。

2017年10月28日土曜日池袋サンシャインビル58Fクルーズクルーズで国書日本語学校創立30周年記念同窓会が行われました。

blog

「当校校長小林からみなさんへ感謝のことば」

2017年10月28日は特別な1日でした。
国書日本語学校創立30周年記念同窓会に参席頂きました先生方、そして卒業生の皆さん、ありがとうございました。またお花やお便りをくださいました方々にも心から御礼申し上げます。
思い返せば城北日本語学校からIJ日本語学校、そして現在の国書日本語学校へと歩んできた道は決して平坦な道ではありませんでしたが、一緒に歩んできたくださった先生方、スタッフの皆さん、そして卒業生の皆さんの支えがあってこそ迎えられた30周年です。現校長として、心より感謝いたします。
 国書日本語学校は、より良き学校を目指し努力を続けて行く所存です。どうか変わらずご支援賜れますようお願いいたします。
                                                                     2017年11月吉日 国書日本語学校 校長 小林妙子

blog1

blog4

blog2

国書日本語学校同窓会のお知らせ

30周年国書日本語学校同窓会のお知らせ

国書日本語学校では、毎年一度卒業生を対象にした同窓会を開催しております。
今年は国書日本語学校創立30周年になります。これからも国書の輪を広げませんか?
卒業生や先生たちと交流を継続しませんか?

参加を希望する方は、以下のEメールアドレスに、blog3
・氏名
・校舎名(志村校舎 or 小豆沢校舎)
・連絡先
を記入し、メールを送ってください。

例) 国書太郎 志村校舎 電話080-3333-2332

同窓会専用メールアドレス  dosokai@kokusho.co.jp

みなさまのご参加お待ちしております。ぜひ、おいしい食事を楽しみながら、お話ししましょう!

2017年9月15日締め切りさせていただきます。

blog

開催日: 2017年10月28日(土曜日) に決定!参加費:2000円
場所: 池袋 サンシャインビル 58F クルーズクルーズ 11:30-13:30
住 所: 東京都豊島区東池袋3-1  (当日連絡先:090-7825-1973)

blog2

国書日本語学校同窓会委員会 山本・小泉(志村校舎)、野口(小豆沢校舎) 李、ニヤマット、西口(事務局)
志村校舎 住所:板橋区志村2-10-5電話03-5970-7802  小豆沢校舎 住所:板橋区小豆沢2-9-19電話:03-5970-7805

第8回国書日本語学校同窓会写真コンクール表彰式

2016年12月16日に国書日本語学校志村校舎にて

第8回国書日本語学校同窓会写真コンクール表彰式を開催しました。

blog1

この写真コンクールは、国書日本語学校に在籍する有能な学生を応援するため、
卒業生が設立した奨学金コンクールです。
在校生や教職員の投票によって受賞作品が決定します。

今回、楽しそうな作品ばかりで、投票する学生たちは、とても迷っていました。

blog

受賞者は以下の通りです。

受賞者
志村校舎
 上級クラス 丁弋   さん(中国出身)
 上級クラス 王艶麗  さん(中国出身)
 中級クラス 趙元隆  さん(中国出身)
 中級クラス 黄純麗  さん(中国出身)

 小豆沢校舎
 上級クラス 陳幸児  さん(中国出身)
 初級クラス 曾雨漢  さん(中国出身)
 初級クラス スリヤティさん(インドネシア出身)

以上、7名です。

受賞者には、賞金として、5000円が贈られました。

とても優しい卒業生は、国書日本語学校の宝です。
卒業生達からもらった賞金を受賞者のみなさんは、有意義に使ってください。

国書日本語学校の学生邢さんが作文コンクールで入選しました。

第三回橋本五郎文庫作文コンクールで国書日本語学校志村校舎上級クラス 邢慕聖さんが書いた作文が入賞しました。

blog
今回のテーマは、「母への手紙・父への手紙」です。
今回の応募作品数は1071作品、46都道府県を始め、海外6か国から応募がありました。
他の受賞者はすべて日本人の中、邢さんだけが留学生になります。 よく頑張りました!

邢さんのご両親にも、ぜひ読んでもらいたいです。

他の学生のみなさんも、邢さんのように、チャンスがあればコンクールにチャレンジして、
良い成績を取れるようにがんばりましょう。


橋本五郎文庫作文コンクールHPの紹介
http://www.h-goro-bunko.com/awards2016/index.html