2017年度冬学期奨学金受給者発表

国書日本語学校冬学期奨学金授与式

2018年1月から3月までの出席と成績が優秀だった学生5名に国書日本語学校より奨学金が授与されました。

blog

1名は卒業生でしたので、卒業式の日に授与。4名は在校生でしたので、4月20日金曜日に授与しました。

blog1

春学期がすでに始まっています。
健康でないと勉強も生活もうまくいきません。
これからも、目標に向かって初心を忘れないで、
みなさん日本語の勉強を頑張ってくださいね。

課外授業が行われました。

Dクラス課外授業「日本の家庭料理教室」

日時:2018年3月5日(月)
場所:まなぽーと大原 調理室(板橋区大原町5番18号)
講師:王(わん) 眉(めい)眉(めい)先生(台湾:日本在住20年以上)
アシスタントスタッフ:国際交流サークル「スマイルサークル」メンバー8名
(日本人)
協力:板橋区文化・国際交流財団

blog2

内容:日本の家庭料理を講師指導のもと4つの班に分かれて作りました。各班にはアシスタントスタッフが2名付き、一緒に料理を作り一緒に食べました。講師の具体的で分かりやすい説明とアシスタントスタッフの補助もあり、全ての班で5つの料理がきちんと完成し、おいしくいただけました。
学生達の間では肉じゃがが一番好評でした。

blog3

料理:炊き込みご飯、肉じゃが、アサリのお吸い物、だし巻き卵、浅漬け

落語会が行われました

3月8日(木曜日)

見次公園内の和室集会所で、
毎年恒例 春風亭伝枝師匠による「落語会」が行われました。

blog1

落語とは?

落語の醍醐味(だいこみ)などを解説していただいたのち、ダジャレから小話、
続いて、演目「つる」と「粗忽長屋(そこつながや)」
を披露していただきました。

最後に、南京玉すだれ
「あ、さて、あ、さて、あ、さてさてさてさて、
さては南京玉すだれ~」
帆掛け船や鳥居、釣り竿に変化する玉すだれを楽しみました。

約1時間の公演終了後には、師匠と記念撮影も。

日本語が上手か上手でないか、、、、笑うタイミングで分かりますね。
落語が分からなかったら、「もう少し日本語を勉強しましょう」
ってことで、来年も楽しみにしています。

2017年度秋学期奨学金受給者発表

2017年10月~2017年12月の3ヶ月に下記の条件を満たした学生の中から、厳正なる審査の結果、以下の5名に奨学金を授与することが決定いたしました。

blog

1. 過去の在籍期間が6ヶ月以上であること
2. 出席率が良いこと
3. 授業態度が良く課題提出等もされていること
4. 学校のルールが守られていること
5. 学費・寮費などの未納の無いこと
6. 他の奨学金をもらっていないこと

blog2

なお、上記学生には、冬学期3ヶ月間に行われる学内行事等への積極的な参加、学校広報活動への協力などが課されます。 
すでに冬学期がスタートしています。次回の表彰を目指してがんばりましょう。

                                                国書日本語学校 事務局

ホームビジットに当校学生が参加しました。

2017年10月15日(日曜日)
板橋区役所内にあります(公財)板橋区文化・国際交流財団 国際交流係主催の
ホームビジットに当校学生が参加しました。

ホームビジット
ホームビジットとは、日本の日常生活を体験することで日本文化への理解を深めたい外国人と、受け入れを希望する日本人家庭を結びつける区民レベルの国際交流のことです。

参加した学生が書いた感想文を紹介します。

 馬嘉楠さん(中国出身)

  今回の活動(ホームビジット)はとても楽しかったです。鈴木さんの家族はとても親切でした。私たちは一緒に日本伝統芸能を鑑賞したり、一緒にスーパーへ行き買い物したり、好きなお寿司も一緒に作って食べたりしました。
 今回の活動で私は日本伝統文化と日本家庭の日常を体験できました。日本の生活を更に深く理解することができました。日本語も上手になりました。得たものがとても多かったです。本当にありがとうございました。

 ジュウリエ イヒサンさん(シリア出身)

 ホームビジットはとても面白かった。日本人の生活がどんな生活なのかを知り、色々なゲームをしたりしました。ゲームを終えて夜ごはんを食べました。おでんでした。実は初めておでんを食べました。おいしかったです。小川さんの家に行ってよかったです。

 焦宇陽さん(中国出身)

 ホームビジットについて、僕は留学生として日本人の家に初めて訪問しました。日本の伝統芸能ステージを鑑賞したり、おいしい料理を食べたり、抹茶の作る過程を見て抹茶を飲んだりしました。僕の日本語が上手ではなく、それにしても、主人はいつも応援してくれました。例えば、お話しできない時に漢字を紙に書いてコミュニケーションを続けてくれました。
 最後にこのホームビジットの活動について、僕は本当にありがたいと思います。日本人と会話をうまくできるために日本語の勉強を一生懸命頑張っています!